SYSTEM-R

野球とヒップホップ文化が好きな20代男です。小学校3年生までイギリスに住んでいました。プロ野球、MLB、高校野球など何でも好きですが、今はヨーロッパ野球を追っかけています。

記事一覧(21)

【重要】名称変更のお知らせ/Announcement for the change of our name

 グローバルベースボールではこの度、名称を「NO BORDERZ BASEBALL(ノー・ボーダーズ・ベースボール)」に変更することとなりましたのでお知らせ致します。 名称変更の理由は、「既に似通った分野で同種の名前を名乗り活動している組織やTwitterアカウントが存在しており、混同や商標権侵害といった事態を避ける必要があること」です。新名称は複数候補の中から、既に企画として着手を発表している「NO BORDERZプロジェクト」と統一する意味も込めて選定しました。グローバルベースボールという名称には当然愛着もありますが、今後は心機一転新しい名称のもとで活動していきます。 なお、本団体は現在任意団体として活動をしておりますが、本年7月以降営利企業としての登記を予定しており、その際は「NO BORDERZ BASEBALL」に会社種別を冠した名称を社名として使用する予定です。また、これまでグローバルベースボールとして製作・販売を行ってきた欧州野球ガイドブック「Basbaloシリーズ」には、従来と同様変更はありません。今後とも、グローバルベースボール改めNO BORDERZ BASEBALLに対する温かいご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。 We Global Baseball are proud to announce that we've officially decided to rebrand ourselves under the new name of "NO BORDERZ BASEBALL." The reason we changed the name of us is that there are already several groups and twitter accounts which has similar names and objectives, so that we must avoid confusion and trademark infringement. The new brand name was chosen from multiple candidates, and finally we chose one which we are already using for the "NO BORDERZ project." We are fond of the name of "Global Baseball" indeed, but we are going to work hard with the refreshing new name. Right now we are working as a goodwill group, but going to register ourselves as an official company from this July, and this new name will be used as our company name. Additionally, nothing will be changed for our European baseball guidebook series "Basbalo." Thank you very much for your help and support in the past, and we hope that we can continue good relationship with yours still after changing our name. Thank you.

東京野球ブックフェア2018に出展します/We'll participate in Tokyo Baseball Bookfair 2018

 グローバルベースボールはこのたび、来る3/25に御茶ノ水ソラシティプラザで開催される、東京野球ブックフェア2018(http://yakyubookfair.com/)に参加いたします。 弊団体が本イベントに出展するのは、世田谷ものづくり学校で開催された昨年度に続き2年連続2度目。今回は既刊「Basbalo Europe 2016」「Basbalo Nederlands & Belgie/Belgique 2017」の初版&内容を最新のものに更新した再編集版に加え、新たに新刊となるイタリア編「Basbalo Italia 2018」を引っ提げて参戦する予定です。製作にあたっては、日本でも著名なあの選手を含め現地で実際に活動されている方々から多大なご協力をいただきました。 また書籍に加え、今回は国内でもここでしか手に入らない野球フィンランド代表グッズ(キャップ、Tシャツ)の販売も実施予定です。会場で皆様とお会いできることを楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。御茶ノ水ソラシティプラザhttp://plaza.solacity.jp/ We Global Baseball are going to participate in "Tokyo Baseball Bookfair 2018," which is going to be held on upcoming March 25th at Ochanomizu Sola City Plaza. This is the second time for us to take part in this event since last year, which was held at Ikejiri Institute of Design. This time, we are going to sell the Basbalo series; both the original and remixed edition of "Basbalo Europe 2016," "Basbalo Nederlands &Belgie/Belgique 2017," and the brand new Italian edition "Basbalo Italia 2018." We have got some kind help and support from the people working in the community, including the player who's also well known among Japanese baseball fans as well. Besides, we are also going to sell some apparel items which motifs Finnish national baseball team, which would be the only opportunity that you can buy it. Baseball caps and T-shirts will be include in the lineup. We are looking forward to seeing you at the fiesta!Ochanomizu sola City Plazahttp://plaza.solacity.jp/

【重要】アンドレス・メナ選手トライアウト受験プロジェクトの経過について

いつもグローバルベースボールへの多大なご支援を頂きまして、誠にありがとうございます。標記の件につきまして、過日は来日にあたり急きょクラウドファンディング企画を立ち上げる形となったにもかかわらず、皆様からの温かいご支援を頂戴できましたことを会員一同、心より御礼申し上げます。おかげさまでメナ選手は去る今月12日朝、無事フィンランドへと帰国の途に就きました。さて、そのご支援を頂戴しましたクラウドファンディング企画ですが、メナ選手側の諸事情により兵庫ブルーサンダース様のトライアウトを棄権する形となり、誠に残念ながら不成立となりました(兵庫球団様からは既に了解を頂いております)。現在、支援者の皆様にはご報告とご期待に沿えなかったことへのお詫びを申し上げたうえで、寄付金のご返金等の手続きを順次行っている状況です。ご理解とご協力に厚く御礼を申し上げます。なお、本来返礼品として差し上げる予定だったフィンランド代表グッズですが、レプリカキャップ及びTシャツにつきましては今後商品化し、当団体ウェブサイトなどで販売を実施する予定です(商品化についてはフィンランド野球連盟のトニー・ジョーンズ会長より、既に内諾を頂いております)。販売開始の準備が整い次第改めて告知いたしますので、その際は是非お求めください。グローバルベースボールでは、これからも日本球界への挑戦を希望する欧州などの野球選手に対し、引き続き様々なサポートを実施してまいります。今後とも何卒変わらぬご支援のほど、よろしくお願いいたします。

アンドレス・メナ選手再来日へのサポート実施協力のお願い

We're sorry, but this article is written specific for Japanese baseball fans. グローバルベースボールではこの度、野球フィンランド代表のアンドレス・メナ内野手(ヘルシンキ・ピューマ)に対する、ベースボールファーストリーグ(BFL)トライアウト受験に対する支援を実施することとなりました。 メナ選手はキューバ・ビジャクララ州出身の30歳。ジュニア時代には、年齢別のキューバ代表選手としてもプレーした経験を持ちます。2011年に亡命しフィンランドに移住、後に同国国籍を取得してフィンランド国内リーグ「SMサージャ」でプレー。2015年から3季連続で三冠王、過去4シーズン連続でリーグMVPに輝くなど活躍しています。また、フィンランド代表としてもこれまで国際大会への参戦歴を持っています。 メナ選手については、去る10月31日から11月6日にかけてルートインBCリーグのトライアウト受験に対する支援を行いましたが、残念ながら奮戦の甲斐なく合格には至りませんでした。しかし、日本でどうしてもプレーしたいという思いを本人が捨てられないことから、駄目を承知でBFL各球団に売り込みのメールを送らせていただいたところ、幸運にも兵庫ブルーサンダース様よりご連絡を頂戴した次第です。 ところが、彼の再来日にあたっては1つ大きな問題があります。それは、来年1月以降にメナが台湾でのトライアウトチームに参戦することが決まり、その兼ね合いで日本までの往復航空券を自力で手配できるだけの軍資金を確保できなくなってしまったことです。我々としてもこの事態については何とかしたいところではありますが、残念ながら金銭面で出来ることには限りがあります。 そこで大変恐縮ではありますが、メナ選手の再挑戦を後押しすべく是非皆様からもご協力をいただきたく、クラウドファンディングの実施についてお知らせしたいと思います。目標金額は40000円です。振り込みは1口1000円より、金額に応じてお渡しするお礼の品は下記の通りとなります。1000円:サンキューメール3000円:サンキューメール+サイン色紙5000円:サンキューメール+サインボールorサイン色紙10000円:サンキューメール+フィンランド代表レプリカキャップorレプリカTシャツ15000円:サンキューメール+フィンランド代表レプリカキャップ+レプリカTシャツその他フィンランド国旗:5000円以上入金いただいた方先着10名様フィンランドポストカード:入金額を問わず先着20名様※フィンランド代表レプリカキャップ及びTシャツについては、フィンランド野球連盟のトニー・ジョーンズ会長より製作の内諾を頂いております。 今回の目標金額は250ユーロ(約33333円)ですが、12/21時点で計6件・29000円の入金を既に頂戴しております。ご協力いただいた皆様、大変ありがとうございます。自分も協力したいという方がもしいらっしゃいましたら、恐れ入りますが下記口座まで何卒宜しくお願い致します。ゆうちょ銀行記号 10290番号 94900541口座名「山中譲司」※ゆうちょ銀行以外からの入金の場合店名 028店番 028口座番号 9490054預金種目 普通預金口座名「山中譲司」※弊団体は現在法人格を有していないため、個人名義の口座での対応となります。ご理解の程よろしくお願い致します。 入金いただいた際は、お手数ですがglobalbaseball532@gmail.comまでご一報ください。その際サンキューメールの送り先のアドレスと、お礼の品物の送付先住所(3000円以上の入金を頂いた場合)をお知らせ頂けますと幸いです。不躾なお願いで恐縮ではありますが、何卒宜しくお願い致します。

NO BORDERZにプロ写真家2名の参加が決定/professionals are taking part in NO BORDERZ project

 「世界の野球の原風景」をモチーフに編集作業がスタートした「NO BORDERZフォトブックプロジェクト(仮称)」。今回、欧州が生んだ2名のプロ写真家が共同製作者として参加することが決定しましたので、お知らせいたします。 今回参加することが決まったのは、アイリス・ドロブニー(ドイツ)とシモーネ・アマドゥッツィ(イタリア)の両名。アイリスは、ドイツ・ブンデスリーガ南地区に所属するシュツットガルト・レッズの公式フォトグラファーとしての業務をこなす他、風景や人物写真といった分野でも精力的に活動。これまでグローバルベースボールが刊行した「Basbalo」シリーズでは、入門編・オランダ/ベルギー編ともに画像提供で協力してくれています。 一方のシモーネは、かつてはイタリア・IBLの強豪UGFフォルティチュード・ボローニャ1953や、イタリア代表のオフィシャルフォトグラファーとして活動した経歴の持ち主。現在はアメリカに拠点を移し、明日の大リーガーを目指す若者たちが参加するインストラクショントーナメントをホストする企業で働きながら、こちらもスポーツ界に留まらず幅広い分野で活躍しています。また、現在製作を進めている新刊「Basbalo Italia 2017」でも、画像提供という形で協力をしてくれることが内定しました。 両者とも非常に優れたプロフェッショナリズムの持ち主であり、またグローバルベースボールの活動や理念に対して長らく理解・共感を示してくれている相手でもあります。彼らとともに1つの作品を創り上げるというかけがえのない機会を得られること、そしてアイリスとシモーネの両者ともこのプロジェクトに非常に意気込みを感じてくれているということを、心から光栄に思います。 しかしながら、私たちが必要としているのは彼らの力だけではありません。この写真集の目的は「世界中のありとあらゆる国でプレーされている野球の姿を、1つの作品に収める」ことであり、国内外やカテゴリー・プロアマの別を問わず様々な写真が製作にあたっては必要なのです。プロ野球から少年野球、草野球・女子野球・障碍者野球など何でも構いません。是非とも載せてほしい1枚があるという方は、是非是非お手持ちの画像(お1人様あたり4枚まで)にお名前と連絡先、簡単なプロフィールを添えてglobalbaseball532@gmail.comまでご連絡ください。何卒宜しくお願い致します。 The "NO BORDERZ photobook project," which just started with the motif "the original scenery of international baseball," has welcomed two professionals to participate in it. Ms Iris Drobny (Germany) and Mr Simone Amaduzzi (Italy) are going to take part in as our main collaborator. Iris, based in Stuttgart, Germany has been working as the official photographer of Stuttgart Reds which belongs to Division Sued (South Division) of German Baseball Bundesliga. Her job has been featured on "European Baseball Magazine EBM+." Besides, she has worked on landscape, city, human photos etc. Simone, who had been based in Bologna, Italy was also working as the official photographer of the baseball club from his hometown; Unipolsai Fortitudo Bologna 1953 of Italian Baseball League. He followed team Italy as well. Now, moving to Oviedo, FL, Simone is working inside and outside the sport industry; he is working at the company which organises an instruction tournament played by youngsters. Both Iris and Simone, who has supported our projects and aims for long time, is well known as a person with great professionalism. It's nothing but an honour for us that not only we can work together with both of them to create something together, but these collaborators are really passionate about this issue. But, we also need some help from more people as well. The main theme of this NO BORDERZ photobook is "gathering up baseball scenes from all over the world regardless of country, category or age." SO WE DO NEED YOUR SUPPORT!! If you have any photos you want to put in our book, please send it to globalbaseball532@gmail.com with your name, e-mail address and your own short profile. We are looking forward to being contacted by yours! Thank you.Iris Drobny official websitehttps://www.drobny.photography/Simone Amaduzzi official websitehttp://www.simoneamaduzzi.com

新プロジェクト旗揚げのお知らせ/Launch of the new project is revealed!

グローバルベースボールではこの度、国際野球をモチーフとした新たなプロジェクトを立ち上げることとなりましたので、お知らせ致します。【One world, One baseball】122。WBSC(世界野球ソフトボール連盟)における加盟国の数だ。国の数だけ野球文化がある。それぞれの国に、それぞれの野球の原風景がある。でも、同じ星に生まれ同じスポーツを愛する僕等は、お互いの「野球」の事をどれだけ知っているだろう?世界が一堂に会する夢の祭典まで、あと3年。今一足早く、それぞれの野球をお互いにシェアしよう。特別なこの舞台を、より一層熱くするために。僕等の野球には、国境なんか必要ない。合言葉は、#NO_BORDERZ だ。【企画概要】「世界の野球の原風景」をモチーフとする写真集の製作と販売を実施します。B6サイズにて40ページ程の作品とする予定です。撮影された地域(日本、北米、中南米、欧州、アジア、アフリカ、オセアニア)や年齢・性別等のカテゴリー、撮影者のプロ・アマの別などは一切問いません。ページ割当は1人3〜4ページ程で、写真の下部には撮影者のプロフィール等を掲載します。画像提供者の皆さんには、単なる作品の供給者としてではなく共同製作者として、本企画に携わって頂ければと考えております。※「NO BORDERZ」というプロジェクト名には、既存の枠組みや概念に囚われず新しいムーブメントを起こしていきたいという思いが込められています。ゆくゆくは野球を中核としつつ、様々な文化と結びついたジャンルレスな企画を、精力的に手掛けていく予定です。【NO BORDERZ フォトブック(仮称)共同製作者大募集!】本企画の趣旨に賛同し、共同製作者として携わって頂ける方を募集致します。今までにない新しいコンセプトの写真集を、一緒に作ってみませんか?・条件: プロジェクトの趣旨に共鳴し、画像提供のみに限らず主体的に携わって頂ける方・募集人数: 若干名(日本国外からも協力者を募集予定の為)・応募可能点数: お一人様1〜4点程度・応募方法: 掲載を希望する画像を添付の上、「氏名」「連絡先」「簡単なプロフィール」を記入しglobalbaseball532@gmail.comまでご一報ください。※応募者多数の場合は、ご希望に添えない場合があります。※製作上の都合により、お寄せいただいたプロフィールについては文意を変えない範囲で編集させて頂く場合があります。予めご了承ください。皆様からのご連絡を、心からお待ちしております!何卒よろしくお願い致します!We Global Baseball are proud to announce the launch of new project "NO BORDERZ photobook."【One world, One baseball】122. This is the number of countries which belongs to WBSC.Each nations has their own baseball culture. Respective countries has their respective "original scenery of baseball."But how far do we baseball people know about each other?The huge "festival" to gather the whole world will arrive in 3 years.Why don't we share our own baseball culture before this special opportunity?We don't need any national border for baseball.We are #NO_BORDERZ.【Overview of the project】We will create a photobook which features "The original scenery of international baseball." The book itself will be created with 128×182mm size and about 40 pages. From where these each photos came (Japan, Americas, Europe, Asia, Africa, Oceania) or the featured category, and the difference of professional or amateur are all unquestioned.Each "photographer" will earn 1~4 pages each, and the profile will be inserted under the photo. We are looking forward to working with these supporters not only as a provider but as a collaborator.The project name "NO BORDERZ" stands for our passion to create a new movement regardless of existing framework or concept. We are going to work on some other new projects which unites baseball and culture.【We are looking for some collaborators!!】Why don't you join us to create a brand new photobook with a new concept which nobody has worked on before?Notice: We are looking for a person who can co-work together and not just being a provider of these photos.Please send us your name, e-mail address and your brief profile to "globalbaseball532@gmail.com" Don't forget to attach your photos (1 to 4 pieces) to it!!We are looking forward to being contacted from you. Thank you very much!

Basbaloオランダ・ベルギー編発売開始!!/Dutch/Belgian edition of Basbalo revealed!!

 グローバルベースボールではこのたび、欧州野球ガイドブック「Basbalo」シリーズの第2弾となる「Basbalo Nederlands & Belgie/Belgiue 2017」電子版のダウンロード販売を開始いたしました。 今作ではオランダ及びベルギーの野球事情に焦点を当て、黎明期から現代に至るまでの球界の歴史や国内リーグのシステム、両国の注目選手や代表チームの概要などをご紹介していきます。ダウンロードでのご購入はショップページ(https://globalbb.amebaownd.com/pages/714239/shopまたはhttps://globalbb.thebase.in/)より行っていただけます。また、製本版についても今後準備が完了次第スタートいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。  なお制作にあたってはオランダ・ベルギー両国の関係者はもちろん、既刊「Basbalo Europe 2016」でも写真を提供いただいたドイツ人写真家、アイリス・ドロブニー氏からも再度ご協力をいただきました。制作にご協力くださった関係各所に対して、この場を借りて改めて御礼申し上げます。また、次回作といたしましてイタリア編「Basbalo Italia 2017(仮称)」の制作・販売を予定しております。こちらもご興味ありましたらどうぞお楽しみに。 We Global Baseball have now started the online shipping of "Basbalo Nederlands & Belgie/Belgique 2017 (digital edition)" on our online shop. This time, we are featuring baseball in the Netherlands and Belgium, introducing the history of the game, structure of their respective domestic leagues, star players and national teams. Purchasing by download is available on our shop page (https://globalbb.amebaownd.com/pages/714239/shop or https://globalbb.thebase.in/). The printed edition will be ready on upcoming days. For creating this edition, we have got huge support from not only baseball people in the Netherlands and Belgium, but German photographer Ms Iris Drobny as well, who helped us out to create "Basbalo Europe 2016" in the past. Thank you very much for your kind support! Now we are going to create new book which might be named "Basbalo Italia 2017" which features Italian baseball. Stay tuned!!

続編発売決定及び英語版Twitterアカウント開設のお知らせ/Announcement of new series, English twitter set up

 グローバルベースボールではこのたび、既刊「Basbalo Europe 2016」に続くBasbaloシリーズの第2弾として、「Basbalo Nederlands & Belgie/Belgique 2017」の発売を正式に決定いたしました。 今回取り上げるのは、WBCにおいて2大会連続でベスト4以上を確定させ、日本とも死闘を演じたことで注目を集めているオランダ、そして彼らと言語を共有し野球の面でも非常につながりの深いベルギーの2か国。本作では両国における野球界の現況はもちろん、野球が持ち込まれてからの歴史や代表チーム・注目選手(欧州組・MLB傘下組とも)についても紹介しています。電子版に加え、入門編でご要望の多かった製本版も同時に発売する方向で調整しています。発売は来月中を予定していますのでご期待ください。 またこの販売開始に先立ち、Twitterにおいてグローバルベースボールの英語版アカウント(https://twitter.com/globalbb_en)を開設しました。今後は日本語に加え、英語でもTwitterでの情報発信を行っていく予定です。ご興味ありましたら、是非こちらの方もフォローしてみてくださいね。 We Global Baseball has officially decided to publish "Basbalo Nederlands & Belgie/Belgique 2017," the brand new series of Basbalo. This time, we are going to feature Dutch and Belgian baseball. The Netherlands has made the semi-finals for two consecutive WBC tournament, and gathering attention in Japan since they have played really a tough game against Japan at second round of 2017 edition. Belgium has a strong ties with Dutch, sharing same language and sending many players to Dutch Hoofdklasse. We are introducing not only the current situation of baseball in both countries, but the history from the beginning back in the 1910's, their national team and star players. This time, both digital and printed edition will be published together. It's scheduled on next month so stay tuned. Meanwhile, we have another important announcement; English twitter account (https://twitter.com/globalbb_en) has been set up!! Now we are going to spread information on Twitter, not only in Japanese but in English too. Please follow if you want to be updated in English!